東洋大学校友会報 第248号
21/32

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●248212年連続で団体3位も、個人戦に課題第90回東日本学生相撲選手権記念大会 6月5日(日)両国国技館団体戦3位 団体戦は予選を2勝1敗で通過し、優秀8校決勝トーナメントで3位入賞と奮闘した。一方、個人戦では全選手が予選敗退と課題を残した。◆磋牙司が十両優勝、華王錦が十両昇進 5月の大相撲技量審査場所で、磋牙司(本名:磯部洋之 平16法)が十両優勝し、大相撲名古屋場所(7月)で前頭13枚目に復帰した。また、華王錦(本名:村田武志 平13法)が新十両昇進を果たした。野編球相編撲陸競編上技スン編リレグ学生が作るスポーツ席スポ東サヨナラ本塁打の小田を手厚く迎える東洋大ナイン優秀8校決勝トーナメント1回戦に勝利し、喜ぶ選手たち優勝旗を授与される鈴木主将ジュニアクイーンズカップ歌田が準優勝!平成23年度ジュニアクイーンズカップ レスリング選手権大会 4月2(土)・3日(日) 駒沢体育館63㎏級 準優勝 歌田圭純(社2) 2日間かけて行われる、ジュニアクイーンズカップは、小学生の部からジュニアの部までが同時開催される大会。大会2日目、63㎏級に出場の歌田は決勝まで進むも接戦をものにできず、準優勝に終わった。(東洋大学スポーツ新聞編集部)関東インカレ総合得点 男子1部12位 31点1部残留決定!第90回関東学生陸上競技対校選手権大会 5月14・15日、21・22日 国立競技場関東インカレ入賞者男子1500m 7位・川上遼平(済4)男�子1万m 3位・柏原竜二(済4)/6位・設楽啓太(済2)/7位・設楽悠太(済2)1�万m競歩 4位・足澤徳人(ラ4)/6位・今滝耕作(済4)男子走り幅跳び 8位・今井佑(済4)男子5000m 6位・設楽啓太男子400m障害 4位・岩崎裕亮(国3)4�×400mリレー 8位・山下永吉(法藤岡がタイトル総なめ!ベストナインに4選手選出される東都春季リーグ戦 表彰式 6月4日(土)神宮球場 5月25日の国学大戦は、4対0で勝利を逃したが、第1試合の青学大対中大の結果により、東洋大の春5連覇が決まった。6月4日の表彰式での受賞者は次のとおり。最終順位 東洋大 8勝3敗 勝率.727 勝ち点4首位打者:戸田大貴(営3)最高殊勲選手:藤岡貴裕(営4)最優秀投手:藤岡貴裕ベストナイン〔受賞回数〕 投手 藤岡貴裕〔2〕 一塁手 戸田大貴〔初〕 遊撃手 鈴木大地(営4)〔初〕 外野手 小田裕也(営4)〔初〕接戦制し、2年連続4度目の全日本制覇!第60回全日本大学野球選手権記念大会 6月12日(日)神宮球場決勝 東洋大3―慶大1 慶大を延長戦の末に3対1で破り、昨年に続き大会2連覇を果たした。1対1で迎えた延長10回、無死一塁の場面で、小田裕也(営4)が右翼席へサヨナラ2点本塁打を放ち試合を決めた。先発・藤岡貴裕(営4)は10回1失点12奪三振の力投を見せ、2年連続で最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を獲得した。1)・恩田健人(ラ4)・東海林拓也(済2)・込山修平(法4)柏原(右)は3位で笑顔を見せた岩崎は昨年より順位を上げ入賞

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です