東洋大学校友会報 第248号
26/32

26TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 248東洋大学創立125周年企画③ 昭和3年(1928)年3月の「大学令」による昇格前後に学長事務取扱・学長を務めた中島徳蔵の任期満了に伴い、高楠順次郎(仏教学者)が第8代学長に就任した。高楠学長は、学生側の協力を得ながら昇格条件として懸案となっていた講堂建築に取りかかることになる。●昭和6(1931)年9月 高楠順次郎、第7代学長に就任(第81号 昭和6年9月25日) 文理大学(現筑波大学)・拓殖大学・東洋大学で「三大学野球リーグ連盟」が結成され、昭和10年10月12日から22日までリーグ戦が行われた。優勝は、4戦4勝の文理大学。東洋大学は、5戦2勝で第2位であった。(第83号 昭和6年10月25日) 大正5年に男子の専門学校として初めて女子の入学を認めた東洋大学。昭和9年には女子出身者・女子在学生を中心に「東洋学会」を設立、同年10月20日に大学および学友会の後援を得て「舞踊と映画の夕べ」を大講堂で開催することになった。●昭和9(1934)年9月 女子高等教育の振興策に「舞踊と映画の夕べ」(第115号 昭和9年9月29日)『東洋大学新聞』で見る昭和6(1931)年~昭和12(1937)年●昭和6(1931)年10月 文理・拓殖・東洋の三大野球リーグ戦

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です