東洋大学校友会報 第250号
25/32

25インカレ個人戦で大道が3位!第89回全国学生相撲選手権大会・個人戦 平成23年11月5日(土)堺市大浜公園相撲場3位 大道久司 個人優秀32選手決勝トーナメントに最多7選手が出場するなど躍進。大道(法1)が3位に輝き、東洋大にとってはインカレで2年振りのメダル獲得となった(東洋大学スポーツ新聞編集部)25相編撲スン編リレグ学生が作るスポーツ席スポ東相手にローリングをかける金光小田は首位打者、ベストナインのダブル受賞となった高橋監督が通算502勝を達成平成23年度東都大学野球秋季リーグ戦 青学大1回戦 10月25日(火)神宮球場東洋大6―1青学大 東洋大優勝の可能性は消滅したものの、高橋昭雄監督のリーグ最多記録となる監督通算502勝がかかる大事な試合。打線が序盤に緒方(営3)の2点本塁打などで6得点を挙げ試合を有利に進め、先発・藤岡(営4)は、13奪三振の完投勝利(6勝目)。 高橋監督は、リーグ最多記録となる通算502勝を達成した。小田が首位打者獲得!ベストナインに3選手選出平成23年度 東都大学野球秋季リーグ戦表彰式 11月2日(水)神宮球場最終順位東洋大3位 7勝6敗 勝率.538 勝ち点3首位打者:小田裕也(営4)打率.360最優秀投手:藤岡貴裕(営4)敢闘賞:藤岡ベストナイン〔受賞回数〕投手:藤岡〔3〕遊撃手:鈴木大地(営4)〔4(三塁手で2回)〕外野手:小田〔2〕 1番打者として打線を引っ張った小田が3割6分で首位打者に輝いた。今季6勝をあげた藤岡が最優秀投手に選ばれた。 ベストナインには藤岡、鈴木、小田が選出された。グレコ選手権金光準優勝!文部科学大臣杯2011 全日本大学レスリンググレコローマン 選手権大会 平成23年10月19日(水)・20日(木) 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館66㎏級準優勝 金光輝明(済1) 19日から20日にかけて行われた選手権大会、多くの選手が敗退に涙をのむ中、今季注目株の金光が66㎏級で、見事準優勝を果たした。大道は得意の押し相撲を貫いたTOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●250野編球競歩・相撲◆ �第66回山口国体 平成23年10月9日(日)に行われた陸上成年男子1万m競歩で西塔拓己(済1)が、40分44秒70のジュニア日本新記録を樹立、4位入賞を果たした。 10月10日(月)に行われた相撲成年男子個人部門で、荒木関賢吾選手(平21法)が第3位に入賞した。日本拳法◆ �日本拳法部 東日本大学女子選手権大会 3連覇を達成 平成23年10月10日(月)に行われた日本拳法第5回東日本大学女子選手権大会で、東洋大の日本拳法部が団体3連覇を達成した。また、内田真理子選手(社4)が最優秀選手賞の表彰を受けた。同日の第4回東日本大学形選手権「一人形の部」で、五十嵐慶子選手(文3)が準優勝の成績を収めた。 なお、12月10日(土)には、日本拳法部OB・OG会が中心となって優勝祝賀会を開催、約60名の関係者が参加して優勝と選手たちの健闘を祝した。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です