東洋大学校友会報 第251号
23/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25123会長賞(敬称略)平成23年度のオール東洋スポーツマンクラブ会長賞ならびに功労賞は、12名の方に決定しました。 3月17日のオール東洋スポーツマンクラブ総会で表彰式を挙行し、賞状と副賞を授与しました。村田武志 (華王錦) �(平成13年3月法学部卒業) 大相撲名古屋場所(7月)の番付編成会議で十両昇進村田諒太 ��(平成20年3月経営学部卒業)アマチュアボクシング世界選手権男子ミドル級2位 ロンドン五輪出場決定。第81回全日本アマチュアボクシング選手権男子ミドル級優勝(3連覇)MVP。第21回プレジデントカップ男子ミドル級優勝須佐勝明 (平成20年3月法学部卒業)第21回プレジデントカップ男子フライ級優勝。第81回全日本アマチュアボクシング選手権男子フライ級優勝小森宣博 (平成17年3月法学部卒業)第63回全日本社会人アマチュアボクシング選手権男子ライトフライ級優勝若松儀裕 (平成21年3月経済学部卒業)第56回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)1区区間賞。第52回東日本実業団対抗駅伝競走大会5区区間賞(区間新)鈴木大地 (経営学部4年)第38回日米大学野球選手権日本代表主将。平成23年度硬式野球部主将。ドラフト会議で千葉ロッテマリナーズから3位指名小管常美 (昭和32年3月文学部卒業)地元群馬県陸上競技協会で活躍、優秀選手を多数東洋大学に紹介。陸上競技部OB会の結成にかかわり、その発展に尽力。平成5年OB会3代目会長に就任、平成22年名誉会長就任前田康介 (昭和42年3月経済学部卒業)電電四国を経てロッテオリオンズ入団。その後太平洋クラブライオンズに移籍し、昭和53年現役引退。引退後もライオンズ球団に在籍し、スコアラーや打撃投手を務めたのちフロント入り。平成23年シーズンまで取締役球団本部長職を務め、同年公式戦全日程終了をもって退団藤田明彦 (昭和54年3月経営学部卒業)東洋大学附属姫路高校の野球部監督に就任。第93回全国高等学校野球選手権大会ベスト8中島彰一 (平成元年3月経営学部卒業)第39回IBAF (国際野球連盟)ワールドカップ日本代表チームのコーチに選出される。元住友金属鹿島野球部監督岡崎淳二 (平成7年3月経営学部卒業)鷺宮製作所野球部17年在籍、都市対抗野球10年連続出場表彰を受ける清水 晶 (平成8年3月法学部卒業)鷺宮製作所野球部16年在籍、都市対抗野球10年連続出場表彰を受ける※表彰基準会長賞:①学生…全日本およびインターカレッジ各大会で優勝またはそれに準じる成績を上げた者②正会員・特別員…全日本選手権またはプロフェッショナル団体主催の競技大会で優勝またはそれに準じる成績を上げた者③オリンピック大会出場者または国際選手権大会で相当の成績を上げた者功労賞:①団体または個人として継続して当該競技における好成績を維持し、東洋大学の名を高からしめた者②東洋大学所属学生団体の競技、成績向上に著しく貢献し、東洋大学の名を高からしめた者功労賞(敬称略)平成23年度オール東洋スポーツマンクラブ 表彰

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です