東洋大学校友会報 252号
2/36

2TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 252 平成24年度の校友会代議員会を5月19日(土)午後1時から、白山校舎5号館井上円了ホールにおいて開催しました。出席者は代議員153名(代議員総数167名、出席率91・6%)。ほかに、監事2名、専門委員会委員長1名、顧問4名、選挙管理委員3名が出席しました。開会宣言後、出席者による大学歌斉唱、物故会員に対する黙祷ののち、会次第にしたがって会議に入りました。 議事に先立ち、安藤経世校友会会長代行が挨拶、続いて来賓の渡邊憲一甫水会会長からご祝辞をいただきました。■議長団 松下健一(鹿児島) 佐々木章(宮城) 浅野敬文(岐阜)■議案等・第1号議案 平成23年度会務報告について……承認・第2号議案 平成23年度決算報告について……承認 監査報告……了承・第3号議案 平成24年度事業計画(案)について……事業計画概要に文化活動支援の文言を入れることで承認・第4号議案 平成24年度予算案について……一部意見が出たが、最終的に承認・第5号議案 校友会会則の一部改正(案)について……承認・第6号議案 常任委員の補充について……承認・第7号議案 校友会長辞職に伴う新会長選出について……候補者1名につき、議長が議場に信任投票なしの拍手による承認を求め、羽島知之を新会長に選出・承認報告事項①組織・制度検討専門委員会答申について……了承②海外支部設立推進専門委員会について……了承③校友会全国ブロックの編成替えについて……了承④次期代議員の選出定数について……了承⑤東日本大震災による被災者への対応について……了承⑥東洋大学創立125周年記念事業募金運動への協力について……了承◆平成24年度基本方針・重点方針 東洋大学校友会は、東洋大学を巣立った全27万7000名校友の拠り所となる組織である。会創立118年を迎え、全国61支部を拠点として、友好団体を加え、会員相互の親睦・交流を図り、大学の興隆・発展に寄与することを目的として活動する。建学の精神を生かす研究・教育上の支援を行うとともに、本会の恒久的な維持発展を期して本年度活動方針を次のように掲げる。(1)母校愛に燃える校友の同窓意識を高め、相互の交流を深めるため、清新・活発な校友会活動を積極的に推進する。大学の創立125周年記念事業募金への協力を積極的に行う。(2)本会の目的を達成するため、本部と支部および関係団体との連携を深め各種の企画を行い、組織の活性化を進めて財政基盤の安定を図る。(3) 母校の支援を行うため、大学・学生の学術研究・文化活動・スポーツ活動を積極的に援助する。◇代議員会終了後、親睦交流会を2号館白山スカイホールで開催しました。平成24年度 東洋大学校友会代議員会を開催

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です