東洋大学校友会報 252号
5/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●2525ル東洋スポーツマンクラブ、白山法学校友会、不動産建設白山会、異業種交流白山会、川越キャンパス連合育成会などの諸団体が友好団体として活動しています。◆校友を対象とした事業①校友大会の開催…全国から支部を超えて会員が一堂に会する場として、本部主催で親睦・交流を主に毎年1回開催しています。②校友会長賞の授与…校友会員で顕著な業績を上げ、全国的な社会的評価を得た場合に賞状ならびに副賞を授与しています。③オール東洋スポーツマンクラブ…学生、卒業生、指導者を含めて幅広く東洋大学関係のスポーツマンを支援する組織として、毎年1回総会を開催し、スポーツで顕著な成績を上げた校友やスポーツの振興に功労のあった校友を表彰しています。④平和祈念の碑に集う会の開催…東洋大学の学徒出陣戦没者を追悼するとともに平和への祈りを込めて、毎年10月の第3日曜日に「平和祈念の碑に集う会」を開催しています。◆母校の教育・研究、学生活動への支援①校友会学生研究奨励基金制度…毎年、全学的事業として優れた研究成果を上げた学部・大学院の学生を表彰するもので、平成24年度で通算41回目を迎えます。②校友会寄附講座の提供…学祖井上円了の建学の精神を学ぶため、校友会の提供によって平成15年度から全学部の学生を対象に開講しています(担当:文学部インド哲学科)。校友の聴講も歓迎します。③学祖の漫画似顔絵コンクールの実施…東洋大学の建学の精神と創立者の思想を身近に知ってもらうことを目的に、毎年、全学生を対象に実施しています。本年度から中学・高校生も対象となります。④校友会長賞の授与…学生個人や団体の顕著な活躍に対して、賞状ならびに副賞を授与しています。⑤学生の課外活動に関する援助…大学祭行事や文化系サークルをはじめとするさまざまな学生諸団体の活動に対して、援助金の交付等を行って積極的に支援しています。⑥体育後援会…校友会と甫水会で運営し、東洋大学の学生スポーツの充実・発展のため、両者財源から拠出を行うとともに一般会員費の募集を行っています。⑦オール東洋スポーツマンクラブ会長賞の授与…年1回、スポーツで顕著な成績を上げた学生を表彰しています。◆財政 東洋大学校友会の活動状況および会計報告は、代議員会や「校友会報」を通じて開示されています。近年、校友会の直接的な関係者のみならず、校友会を取り巻く関係者に対しても、より積極的にかつオーソライズされた様式での報告が求められるようになったことを受けて、校友会では、平成23年度から「公益法人会計基準」に準拠した会計制度をとっています。また、全国61支部を含んだ会計制度とすることとし、支部には収支計算書および収支予算書を作成して本部に提出してもらっています。 毎年度の予算編成にあたっては、各年度の重点方針、事業計画にもとづいて事業展開するための必要経費を措置するとともに、財政の堅実な運営に留意しています。 平成24年度の収支予算については、本会報3頁の「平成24年度収支予算書」をご覧ください。昭和29(1954)年「東洋大学校友会報」発刊〔第3次〕昭和31(1956)年校友会会則の大幅改正昭和45(1970)年校友会の新会則施行昭和53(1978)年甫水会館落成(6月)昭和61(1986)年大学創立100周年記念事業の募金に1億円寄附平成6(1994)年創立100周年記念校友大会開催(11月)学祖井上円了の立像を建立、大学に寄贈平成14(2002)年井上円了像台座を大学に寄贈平成16(2004)年第40代執行部発足、全国の支部数61となる。創立110周年記念校友大会開催、緞帳を大学(井上円了ホール)に寄贈平成17(2005)年平和祈念の碑建立、大学に寄贈平成19(2007)年第41代執行部発足平成20(2008)年井上円了生誕150周年平成21(2009)年6月4日付、法人寄附行為改正認可平成22(2010)年第42代執行部発足平成24年(2012)年大学創立125周年記念事業の募金に協力

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です