東洋大学校友会報 253号
22/36

22TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 253 私たち東洋大かんこう部!では、旅行、観光をメインとし、「旅行!観光!思い出!青春!」をコンセプトに学生生活を最高のものにするため、日々活動を行っております。 主な活動としては、夏と冬に行う長距離旅行があります。これまでには、山梨の河口湖や栃木の那須高原、長野の野沢温泉、2012年度には京都、大阪などさまざまな方面への旅行を企画しました。現地の観光地巡りや食べ歩きはもちろん、サークルでの大人数ならではの楽しみ方で毎回充実した時間を過ごしてきました。 また、年2回の長距離旅行だけでなく、月1、2回の横浜や浅草などの近場観光に加え、春には花見や工場見学、夏には祭りに花火に納涼船、伊豆への海旅行、秋には高尾山でのもみじ狩りや果物狩り、そして冬にはクリスマスにスキー、ボードなどなどイベントが盛りだくさんです! 現在のメンバー数は135名。2009年の9月にスタートし、たった3名からここまで大きくなりました。まだまだ日も浅く、荒削りな部分も多いサークルではあります。ですが、日が浅いからこその変化を大切にし、常によりよいサークルへ向上していくことを目指して、サークル運営を行っていきたいと考えています。 私たちと共に、わいわい楽しく過ごしてくれる方の加入をお待ちしています! 劇団白芸は、芝居をやりたい、役を演じたい、作りたいという芝居好きが集まった演劇サークルです。 私たちは年3回の公演(7月の春公演、11月の秋公演、4月の新入生歓迎公演)を打ち、合間の期間に稽古をしつつ大道具や小道具、宣伝看板などの製作を行なっています。 作っているものの例を挙げると、扉や本棚のような日常生活で目にするようなものから、一見何に使うのかよくわからないものまで、多種多様なものを作っています。公演ごとのテイストに合わせた舞台美術、照明効果、音響効果などを団員全員で案を出しあい、舞台の全体像を決めていきます。 学生で構成されたサークルである以上、団員の入団、卒団は1年ごとにありますが、それ故に毎年違ったテイストの舞台をお届けすることができます。さらに、決まった演出家や役者がいないため、誰でも演出、役者を経験することができます。 白山祭では15分ほどのお芝居をオムニバス形式で上演し、演劇を観たことがない方にも気軽にお芝居を楽しんでいただけるよう、シリアスからコメディまで団員が面白くかつ真剣に演技します。 我々劇団白芸は、2013年に創設50周年を迎えます。劇団白芸は、多くの方々にその名を知っていただけるよう、そして、学生演劇といえば「劇団白芸」と言っていただけるよう、さらなる発展を目指して舞台を作っていきます。サークル紹介東洋大 かんこう部! 代表 日野拳吾(メディアコミュニケーション学科3年) 劇団 白芸 副団長 越野 潤(総合政策学科2年)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です