東洋大学校友会報 No.254
17/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25417第1回設立総会を開催今期の校友会事業方針であった校友会海外支部設立について、当初は学祖井上円了先生終焉の地、中国・大連などの地域に支部を設立したいと活動していました。しかし、平成23年度より設置した海外支部設立推進専門委員会で種々検討の結果、まず留学生として東洋大学に学び、卒業後日本で就職し、活躍している中国出身者校友による組織を設立することを決定。設立準備世話人会と専門委員会との度重なる協議の結果、「東洋大学校友会中国出身者会」の発足となり、このたびの設立総会と発会式開催の運びとなりました。第1回設立総会は、9月29日(土)午前11時から甫水会館4階会議室において開催。出身者の出席は、19名と予想を上回り、会則の承認、その他予定した議事を滞りなく終了。会長に甄凱氏、そのほかの役員も満場一致で承認されました。この席上、安藤校友会副会長が祝辞を述べられました。発会式・パーティを挙行第1回総会開催の後、校友会主催の発会式および披露パーティが12時半から同所で開かれました。当日は、日中国交正常化40周年の記念の日にあたり、ご多忙な中、駐日中国大使館文德盛政治部参事官が出席され、大学側および甫水会からの来賓とともに祝辞を述べられました。特に文徳盛参事官は、会の終了まで出身者に取り囲まれ、終始笑顔を絶やさず対応されていたことが印象的でした。「東洋大学校友会中国出身者会」誕生海外支部設立の拠点に!(校友会海外支部設立等推進専門委員会委員長 横川 伸)◎当日は、下記の方々から祝電をいただきました。(敬称略)賈蕾(93年経営卒在上海)、韓小氷(94年経済卒在上海)、張映紅(94年文・英米卒在上海)、陸鳳琦(00年英米文研究科在上海)、陳越(在上海)、劉東飛(在上海)、西田産業有限会社社員一同、劉建国(日梱物流有限公司広州分公司総経理)、毛富先(中国江西省果喜集団副総経理)、本木祐二(株リアルウッド)、永野克也(㈱長野商会)、莆田市協創工貿有限公司(中国福建省)、武久宗耕(宗教法人知楽院)、宮野勝利(有限会社彩聖)、伊藤佳倉(恵産業株代表取締役)、新東峰方楽器有限公司(中国福建省)、王志偉(93経営卒) 校友会では、母校創立125周年記念の校友会表彰事項として、親子3代にわたって東洋大学を卒業された校友を表彰することになりました。 明治23年の第1回卒業生輩出以来、今日までの卒業生総数は27万名を超え、その中には親子2代はもちろんのこと、「親子3代TOYO」の情報も入ってきております。 あなたご自身あるいは友人の方からの応募をお待ちしております。◆応募資格:直系の親子3代であること(3代全員が存命で あることを要しません)◆募集締切:平成25年3月30日(土)◆募集方法:本部事務局に応募申込書をご請求・ご記入の上、 ご応募ください◆表  彰:表彰状等を授与します東洋大学校友会本部事務局〒113-0021 東京都文京区本駒込1-10-2(甫水会館内) TEL.03-3946-9111/FAX.03-3946-6311 E-mail : koyukai@alumni-toyo.jp「親子3代TOYO」募集のお知らせ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です