東洋大学校友会報255号
10/36

10TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 255OS放送研究会OB・OG懇親会        倉科昌司昭45経済 長野 昭和30年代、40年代、毎週火・木・土曜日の白山キャンパスの昼休み、「TBC、TBC、こちらは東洋大学放送研究会です。只今から……」と言った学内放送を耳にされた方も多いと思います。 放送研究会(以下、放研)は、旧5号館横にあった木造校舎2階に部室があり、アナウンス、技術、制作、報道、放送劇の5部で構成され、番組の制作と学内放送は旧6号館(大講堂)地下のスタジオで行っていました。「文連の集い」のほか、音楽系サークルの発表会の構成、音響、司会などをやり、当時の国鉄池袋駅で、朝のラッシュ時に全国初の女性の声で構内放送をしたのも放研でしたが、現在は存在していません。 この放研に在籍していたメンバーのOB・OG懇親会が、平成24年10月6日(土)に白山キャンパス2号館16階の白山スカイホールで開かれました。今回は、平成18、21、22、23年に続いて5回目で、毎回の馴染み顔、今回初めての人など、全国各地から40数名が集まりました。 学年の関係で一緒に活動を行わなかった人もいますが、共通の趣味で放研に籍を置いた者同士、大部分が還暦を過ぎているにも関わらず、20歳前後の青春時代にタイムスリップして昔話に花を咲かせました。卒業以来、初めて会った人なのに話をしているうちに当時の顔が浮かんでくるのも不思議なもので、お互いに自分史を語り合いました。二次会は、白山上に場所を移し、夜の更けるまで話の続きをしました。幾つになっても、我を若くしてくれる素晴らしい会でした。 現在、放研のホームページを開設しており、当時の写真から今日の大学に関するニュースまでさまざまなことを知ることができます。今、108名の所在を確認していますが、放研に少しでも籍を置き、この会の通知が届いていない方がいらっしゃいましたら、校友会本部にご連絡ください。次回からご通知いたします。 皆で楽しかった青春時代に戻りましょう。三多摩支部女性校友の会「日本新聞博物館」の見学と懇親会     丸山澄子昭43社会 三多摩 女性校友の企画と運営によって開催される「三多摩支部女性校友の会」は、昨年で6年目となりました。 今回のテーマは、横浜にある「日本新聞博物館(ニュースパーク)見学」。少々お堅いテーマでしたが、羽島校友会長の案内で見学してまいりました。ご存じのとおり、羽島会長は、著名な新聞のコレクターでもあり、この博物館の開設にあたっては、膨大な新聞関連資料を移譲され、博物館の事業発展に大きな貢献をさ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です