東洋大学校友会報255号
32/36

32TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 255東洋大学校友会会則第4章 役  員第8条 この会に、次の役員をおく。会  長   1名副会長   3名常任委員   19名(会長および副会 長を含む。)監  事   3名第9条 会長は、この会を代表し、会務を総理する。第10条 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときまたは会長が欠けたときは、あらかじめ会長が指名した順位により、その職務を代理し、または代行する。第13条 会長、副会長は、代議員会において正会員の中から選出する。ただし、副会長中1名は、正会員の中から会長の指名により、代議員会の承認を得て選任することができる。2 監事は、正会員中から選出し、代議員会の承認を得るものとする。3 常任委員は、代議員会の承認を得て、代議員の中から選出する。ただし、常任委員中3名は、会長が代議員の中から推薦し、代議員会の承認を得て選任することができる。4 この会の役員は、東洋大学校友会役員等選出規則により選出するものとする。第14条 会長および副会長は、代議員となる。2 監事は、代議員の資格を兼ねないものとする。東洋大学校友会役員等選出規則第5章 会長および副会長の選出 (選挙)第13条 東洋大学校友会会則(以下「会則」という。)第13条に定める会長および副会長の選出は、選挙によって行う。 (選挙権・被選挙権および候補者)第14条 東洋大学または東洋大学短期大学の卒業生である正会員(以下「正会員」という。)で、選挙公示日に年齢満25歳以上の者であること。2 当該選出年度の直近3カ年間の年会費を全納した者あるいは終身会費を納入済の者であること。3 選挙権者は、東洋大学校友会代議員(以下「代議員」という。)であること。4 東洋大学校友会会則および本規則に基づき被選挙権資格停止期間中でないこと。第15条 立候補者は、所定の様式による立候補届出用紙,選挙公報用原稿用紙および候補者推薦届出書用紙をあらかじめ委員会から入手するものとする。2 立候補者は、被選挙権のある会員を推薦人とする候補者推薦届出書を委員会に提出しなければならない。3 前項の届出書には被選挙権を有する5名以上10名以内の推薦人が自署押印(市区町村に登録済の印鑑を使用のこと)しなければならない。4 被選挙権を有する正会員が推薦できる候補者の数は、1名とする。5 立候補届出は、書留郵便によることとし、校友会事務局気付けとする。 (選挙権者・被選挙権者名簿)第16条 委員会は、選挙権者、被選挙権者名簿を作成しなければならない。 (選挙の公示)第17条 委員会は、選挙日の30日前までに公示をし、選挙権者および被選挙権者に通知するものとする。2 通知は、校友会報に掲載する方法による。◎立候補届出用紙・選挙公報用原稿用紙・候補者推薦届出書用紙の入手は、左記までご連絡ください。 〒113・0021 東京都文京区本駒込1ー10ー2 東洋大学校友会事務局気付 「東洋大学校友会選挙管理委員会」宛5月18日(土)平成25年度代議員会において、任期満了に伴う校友会長・副会長の改選を行います。【日程】4月16日(火)公示5月7日(火)立候補締切5月10日(金)立候補一覧・選挙公報を代議員宛に発送5月18日(土)所信表明演説・選挙東洋大学校友会 会長・副会長選挙のお知らせ(公示)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です