東洋大学校友会報257号
11/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25711東洋大学プロネット会長 長谷部 浩昭48院博建築 「東洋大学プロネット」は、東洋大学の財産ともいえる全国の卒業生がネットワークを構築し、①会員相互の幅広い情報交換、業務上の連携及び親睦を図る。②専門的な資格取得を目指す東洋大学の学生の資格取得のための支援及び就職相談を行う。③地域・社会に貢献し東洋大学の発展に寄与することを目的として、専門職資格を得て職業とする校友によって平成14年11月に設立いたしました。現在、弁護士、公認会計士、税理士、行政書士、司法書士、社会保険労務士、弁理士、MBA、一級建築士、技術士、労働安全コンサルタント、不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナー、など22職種約120名が会員になっています。毎年ホームカミングデー・校友大会で「無料相談会」を開催しています。東洋大学異業種交流白山会会長 木村喜代司昭41経済東洋大学異業種交流白山会は、平成15年10月、大学卒業後の長い人生で校友とのつながりの切れた人々が、2か月に1度集まり、ビジネス交流の場として、お互いに仕事に結びつく情報交換を行うことを目的として設立しました。この輪は、現在は関東地区の校友中心ですが、全国に広がることを目指しております。入会の資格は、東洋大学の卒業生で、現役で仕事をされている方ならどなたでも結構です。年齢・性別・学部は一切問いません。会員数は約120名で、偶数月に開催している会には、常時20〜30名の参加者があります。地方の方も、出張の際にご参加いただけます。開催の日時・会場等は、左記にご連絡ください。Eメールinfo@new-ad.jp川越キャンパス連合育成会会長 長嶋達夫昭42建築川越キャンパス連合育成会は、当時工学部長の米山正秀東洋大学名誉教授の「私学の最大の財産は卒業生であり、大学と卒業生の緊密な互助関係が失われれば、私学存続の意義が危ぶまれるため、強力な同窓会組織が必要である」との理念のもと、平成18年に創設されました。その特徴として、学部内の専任教員による育成会委員会に、育成会会長がオブザーバーとして参加し、また、育成会の合同交流会等に教員が参加するなど連携を密にしながら、在学生の教育・キャリアアップのための支援と各学科同窓会活動など、卒業生がボランティアとして行っているものです。連合育成会は、各学科同窓会より選出された代議員会を意思決定機関とし、理事会及び各種常任委員会にて会務を審議運営しております。東洋大学不動産建設白山会会長 後藤 節昭45経済東洋大学不動産建設白山会は、平成19年7月に、卒業生同士が人脈づくりや情報交換を行い、商売につなげる活動を行うために設立しました。入会資格は、不動産、建設、建築、設計、測量、設備、資材、税務等の関連業務に従事する東洋大学の卒業生です。会員数は約150名で、隔月第2水曜日に例会を開催して、情報交換を行っています。また、平成19年11月からは、各大学(慶應・早稲田・明治・中央・青山・日本・法政・立教・同志社・横浜商・上智・東洋・専修・明治学院・東海・学習院)の不動産会で組織する大学不動産連盟に参加し、情報交換、交流を深めています。現在、会員募集中です。左記事務局までご連絡ください。事務局 志賀保彦(㈲カツヨ) 080・3938・9803℻ 043・312・2667東洋大学白山法学校友会会長 武藤節義昭35法律東洋大学法学部には、全学部生が加入している「東洋大学法学会」があり、教育・研究活動がこれを母体として活発に行われてきた。学部修了OBの一堂に会する場がないのは淋しいと、昭和35年卒の先輩の働きかけで、OBの交流・懇親を目的とするこの会が、平成21年3月21日、東京・市ヶ谷の「アルカディア市ヶ谷」で、会員170名中出席者88名を得て設立され、毎年1回の交流・懇親会、定例会と会報の発行を行い、設立目的を実現することに努めている。会員中、校友会の会費納入者が1割にも満たないので、納入促進を進めていきたいと考えている。校友会の友好団体紹介

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です