東洋大学校友会報257号
15/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25715現在、白山キャンパスと川越キャンパスで開講されている寄附講座についてご紹介します。講座の講義の中には、校友を講師とするものもあり、学生から好評を得ています。長嶋達夫川越キャンパス連合育成会会長川越キャンパス連合育成会は、平成18年に「工学部連合育成会」として発足し、現在は川越キャンパスの理工学部6学科及び総合情報学部1学科と工学部3学科を加えて10学科の同窓会の集合体として活動しています。育成会活動のうち、校友会の支援により理工学部の全学科、全学年を対象として行っている寄附講座と学生活動功労賞についてご紹介します。本講座は、キャリアアップのための、あるいは就職先を決めるアドバイスなど幅広い内容での「実践職業論」(旧総合D)として、春学期に15回行っています。各学科同窓会より、各分野で活躍している卒業生の方を講師として前年度中に選出して頂き、スケジュールに合わせてこれまでの体験や企業がどのような商品を製造あるいは研究しているか、時には行政についてなど、幅広い内容のお話をして頂いています。授業の後半には、受講生にレポートを書いてもらい、文章の構成、まとめ方、個人の考え方など、文章力向上も図っています。講座の運営は、専任教員がコーディネータと採点を担当し、資料等は川越キャンパスの育成会事務局にて準備しています。毎年約60名が受講しており、各学科の授業と一線を画した内容に、受講生からは将来に向けての視点の変化や今後の勉学への動機づけになったと高い評価を得ています。今後も継続し、卒業生の帰属意識とともに在学生キャリアアップに貢献できればと願っています。一方、大学に対し著しく貢献したり、ボランティア活動などで社会に貢献した学生個人や団体を各学科の先生より推薦して頂き、学生活動功労賞として卒業時に表彰しています。このような活動に対し、校友会から「在学生のために有効に活用するのであれば」との温かいご理解で、本講座の講師料及び学生活動功労賞の資金援助を頂いており、大変感謝しています。川越キャンパス連合育成会は、今後も校友会と友好関係を継続し在学生の為に支援して参ります。また、就職支援のためのセミナー、卒業生が活躍している企業の見学バスツアー及び資格取得に向けた講座の支援も行っています。卒業時には優秀卒業研究賞表彰等、多くの在学生支援活動を行っています。卒業生に対しては、川越キャンパスに事務局を設置し、週3回卒業生が集うことのできるサロンの場を提供しています。6月には連合育成会大会を開催し、全学科卒業生の情報交換の推進を図っています。さらに年度末には、パンフレットを製作し、在学生やご協力を頂いた卒業生の皆様方に送付しています。内容については、ホームページをご覧ください。川越キャンパスKawagoe Campus

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です