東洋大学校友会報257号
21/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25721ろでしょう。区有形文化財にも指定されている「四聖堂」や「六賢台」といった古建築物を含めたこの「77場」を散策することにより、哲学を理解するために必要な概念を学ぶことができるのです。また、キンモクセイやハナミズキなど、豊かに繁る樹々や四季折々の花も見どころのひとつ。広大な敷地内には野球場やテニスコート、弓道場もあり、地域の方の憩いの場としても活用されています。 古建築物の内部公開や夏に催される「怪談の夕べ」など、季節にあわせたイベントも随時開催されています。春は桜の名所として、秋には美しい紅葉も楽しめる哲学堂公園。独創的な世界へと誘う建物と庭園を巡りながら、思索のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。絶対城 万巻の書を読み尽くせば「絶対の妙境」に到達するという寓意から名付けられた図書館。国書、漢書、仏書が数万冊保管されていた。※現在は図書館ではありません宇宙館 哲学は宇宙の真理を研究する学問ということから設けられた講義室。屋根上部の棟部分には烏帽子がついている無尽蔵 円了先生が各地を周遊した時の記念品など、種々雑多な物が並んでいた陳列所菖蒲池 池の周りにはフヨウやミソハギの花も咲く。四季折々の植物に加え、トンボや蝶も目を楽しませてくれる鬼神窟 二階造りの風光明媚な建物。現在は集会室などとして利用することもさまざまな植物が楽しめる公園は散歩にぴったり。休憩所もあり、地元の方の憩いの場にもなっている猫ものんびり、ひと休み三学亭 時空岡から階段を上がった場所にある、正三角形の平屋のあずまや石碑には哲学堂図書記が漢文で刻されている

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です