東洋大学校友会報258号
12/36

12TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 258ご挨拶をいただきました。乾杯の後、大学卒業生室による125周年記念DVD「白山キャンパスの歴史」で昔なつかしい校舎から現在の超近代的キャンパスへの移り変わりなどの映像を上映。アトラクションとして、Mr.クロッキーこと黒崎正博氏によりプロフェッショナルな華麗なるマジックショーが披露され、参加者を感動の渦に巻き込みました。記念抽選会も賑やかに行われ、楽しい雰囲気の中、80周年記念行事を終えることができました。長野県支部・創立80周年 平成25年10月26日(土)に長野市の「サンパルテ山王」で開催することを決め、一昨年秋口より支部役員は再三にわたり会議を繰り返しました。80周年に相応しく80名以上の校友に参加してもらうこと、周年祝いに花を添え「この方の話なら」と大勢の人に興味を持って貰える記念講演の講師の選定が課題でした。たまたま4月から、母校の法学部の准教授で水泳部監督に就任された平井伯昌先生が水泳連盟の用務で、岐阜県高山市に出張されるとの情報が入り、早速先生に打診したところ、途中長野に寄っていただけるとのご返事をいただき、素晴らしい講師が決定しました。当日は、 支部総会終了後、80周年記念式典を挙行、大学歌斉唱、物故者追悼、支部長挨拶、ご来賓の安本校友会副会長、田淵大学常務理事の祝辞、祝電披露と滞りなく式典が終了しました。引続き、平井先生に「能力を伸ばすコーチングとティーチング」の演題で約1時間、一般公開での講演を行っていただき、総勢250余名の方々の聴講がありました。質問も多数あり、有意義な時間でした。その後、大懇親会に移り、母校応援指導部学生による応援パフォーマンス、平井先生の色紙が当たるじゃんけん大会など、約2時間にわたり楽しい時間を過ごし、盛会のうちにお開きとなりました。支部で作成した大学の新ロゴマーク入りの記念品ジャンパーも好評でした。今回の参加者は82名で、当初の目標を上回りました。支部校友各位に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。熊本県県支部・創立80周年 熊本県支部は、昭和8年創立で無事80周年を迎えることになり、平成25年11月9日(土)に記念式典および懇親会を行いました。会場の熊本ホテルキャッスル11階、トゥールドシャトーからは、目下にライトアップされた素晴らしい勇壮な熊本城を見ることができます。羽島知之校友会長、田淵順一大学常務理事をはじめ、九州各県支部、甫水会、熊本県支部会員等、総勢50名の出席を得て盛大に行われました。羽島会長からお祝いの言葉と「校友会の現状と将来像」についてのお話があり、田淵常務理事からは「未来へ羽ばたく東洋大学の経営について」と題する講演をいただきました。懇親会では、大学125周年記念DVD「白山キャンパスの歴史」で大学の校舎の移り変わりをなつかしく見ました。アトラクションでは、小中学生の本格的な日本舞踊団「わらべ」に熊本の郷土踊りを可愛く踊ってもらいました。最後に、全員で大学歌をエールのもと歌い、大いに盛り上がりました。これから、さらに一丸となって熊本県支部をパワーアップして、90周年に向けて頑張っていく、よい機会となりました。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です