東洋大学校友会報258号
16/36

体育後援会からのお願い 体育後援会は、昭和47年に東洋大学における学生スポーツの充実発展のために大学・校友会・甫水会により結成されました。 平成21年度から校友会・甫水会二者による運営に変更となり、その資金はこの両者財源からの拠出と一般会員費から賄われることになりました。今後も引き続き、みなさまのご協力をお願いする次第です。 体育後援会から配分される援助金は、各部にとって大切な資金源となっておりますので、なにとぞ皆さまのご協力をお願いいたします。     郵便振替口座 00120・9・126219東洋大学体育後援会第4回親睦ゴルフ大会を開催オール東洋スポーツマンクラブ主催 平成25年12月2日(月)、栃木県佐野市の唐沢ゴルフ倶楽部三好コースで、第4回親睦ゴルフ大会を開催しました。唐沢ゴルフ倶楽部の理事で、本学ゴルフ部OBの栗原昭義プロを競技委員長として、総勢121名、内女性10名の参加となりました。 皆さんには、高速道路のインターからやや遠いにもかかわらず、朝まだ暗い中を参加していただきました。大阪、富山、宮城等々の遠方からも多数の校友が馳せ参じました。富山県支部のグループの皆さんは、車で駆けつけ、関東のゴルフコースを制覇する意気込みで、翌日もプレーすると腕を鳴らしておられました。当日、栃木県支部の方々には、受付、賞品の授与、懇親会場の準備など、長い時間裏方として大変お世話になりました。 初冬にもかかわらず、思ったほど寒さも厳しくなく、昼近くには風もない小春日和のような絶好のゴルフコンディションとなりました。コースは、色鮮やかな紅葉と常緑樹との見事なコントラストを映し出していました。 高速道路の渋滞で遅れる方がいるとの情報があり、開会式のないスタートとなりました。8時にイン、アウトから同時にスタート。競技が始まるや「ナイスショット」の掛け声から、アマチュアゴルファーの専売特許「フォアー」、「あ~ぁっ」、「何で~」などの声も聞かれ、日頃鍛えたショットの妙技をいかんなく発揮していました。昼食時ともなれば、アルコールと日焼けで赤い顔した好敵手同士、お互いのスコアを披歴し合う恒例の風景が見られました。 後半の健闘をたたえ合い再開したプレーも、午後4時半過ぎに全組が終わり、校友会の長老・園平治氏の乾杯、福島副会長の挨拶で成績発表、懇親会の開始となりました。挨拶では、「このような機会に白山、川越などの学舎で学んだ者同士、卒年や所属した部などが違い初対面であっても、長年の知己のように語り合えることは素晴らしいことだ。この絆を大切にし、東洋大学の将来性ある若きアスリート、研究に励む後輩を支援して大学の発展に寄与して行こうではないか」との趣旨が述べられ、真に至言であると感じました。 今後の多くの女性会員、若い会員の大会参加の期待を語らいつつ、楽しいひと時が終わりました。来年(群馬県予定)の再会を期して散会し、師走の下野路を後にしました。(事業部会 長澤政行)総 合 成 績 ◎参加者121名(男性111名 女性10人)順 位プレイヤーGROSSHDCPNET優 勝小美濃 武芳8212.0 70.0 準優勝縞居  司808.471.63位中村 道孝8614.471.64位秋田 道夫9119.2 71.8 5位杉山 良樹720.0 72.0 6位林  貴夫8714.472.67位三浦 征八朗9219.272.88位福島 良一9118.0 73.0 9位中条 忠雄9016.873.210位中村 祐之72-1.273.2女性の部順 位プレイヤーGROSSHDCPNET優 勝高田 静子9420.473.6準優勝平岡 外喜子10226.475.63位関  雅子9720.476.6賞品提供長島忠美(衆議院議員):優勝杯       木村太郎(衆議院議員):地酒新井規矩雄プロ:ゴルフボール・ゴルフウエア 栗原昭義プロ:ネクタイ羽島知之(校友会会長):羊羹セット福島良一(校友会副会長):ゴルフセット小澤 孝(大学評議員):菓子詰め合わせ玉城 治、宮本 操唐澤ゴルフ倶楽部:ゴルフバック体育後援会オール東洋スポーツマンクラブたより16TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 258

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です