東洋大学校友会報258号
22/36

22TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 258OS「出雲駅伝」でブロック活動活性化布野伸一昭56経済 島根毎年10月に開催される神話の夢舞台「出雲駅伝」は、全国にテレビ生中継で放映され、数々の名ドラマを生みだすスピード駅伝です。中・四国ブロックの各支部をはじめ、各地から出雲駅伝応援ツアーを企画して応援に駆けつけていただき、ありがとうございます。出雲大社で必勝祈願をし、スタート地点の神門通りでの大学応援団と一緒の応援等、全部で4区間を応援します。現場の担当者としては、全選手を応援する、いらっしゃった皆様に笑顔で帰っていただく、この2つを目標に活動しています。駅伝だけでなく、終了後の記録会(駅伝不出場の選手のため)も応援します。毎年ここから、箱根を走る選手が誕生します。記録会で応援するのは東洋大学だけです。区別しないこと、これが学祖井上円了先生の教えの1つだと思います。そして、大会運営やさよならパーティー等に携わり、直接応援できない校友の皆様に支えられて応援できることに感謝し、「出雲駅伝に応援に来て良かった」「東洋大学の卒業生で良かった」と全ての皆様に言っていただけることを目標に、今後も活動を続けていきます。  (出雲駅伝担当)駅伝応援ぜひ出雲にお越しください   車野悦郎       昭49経済 島根島根県支部が、平成22年より「応援無料バスツアー」を企画しましたところ、全国から多数の方の参加があり、以来とても好評です。大会終了後、島根ワイナリーで開催されるさよならパーティーには、各大学の監督、コーチ、選手、応援関係者等約1、100名が参加し最高に盛り上がります。これが支部活動、ブロック活動の活性化に繋がり「出雲の神々」に感謝しています。後日、皆様方より楽しい時間を過ごすことができたと感謝の御礼状が届き、大変うれしく思っております。全国の校友の皆様、出雲大社で「良縁」を結び、親睦の輪を広げましょう。ぜひ出雲にお越しください。「おもてなし」の心でお待ちしています。杜の都 駅伝応援記      佐々木 章        昭35国文 宮城本学の陸上競技部女子長距離部門が、関東地区予選を辛くも突破し、仙台での全日本大学女子駅伝に初出場した。宮城県支部総会直前にこの朗報がもたらされたので、急遽総会で応援を決議した。平成25年10月27日、第4中継所付近の仙台市立病院前に陣取った東洋大応援団は約50人。その中には、現役学生の女子陸上部員と思しき一団もおり、黄色い

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です