東洋大学校友会報258号
28/36

28TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 258OS会報をご覧になっている永瀬ゼミOBの方がおられましたら、ぜひともご連絡くださるよう切にお願い申し上げます。問い合わせ等は、左記へ。佐々木彰 spw45nb9@wind.ocn.ne.jp照井克善 kt320222@rose.ocn.ne.jp新潟県支部レディース会に参加しました         南方真理        昭45社会 城南平成25年10月20日(日)、新潟県支部のレディース会に参加しました。今回は「加瀬牧場」―「和島トゥー・ル・モンド」(昼食)―「良寛の里美術館」―「もてなし家」のコースで楽しみました。午前10時、大型タクシーに9名が乗り込んで長岡駅を出発し、加瀬牧場へ。仕事が終了してくつろいでいるガンジー牛。イギリスのガンジー島が原産の黄褐色と白の毛色の乳牛で、ホルスタイン種より搾乳量が少なく、濃厚な牛乳ができるとのことです。日頃牛乳を飲まない私でも、大変おいしくいただき、また、物づくりの大変さも伺いました。その後、元島田小学校の跡地を再利用したレストラン「和島トゥー・ル・モンド」に向かいました。厨房でギャルソンたちが働く様子を廊下から見ながら店内に入ります。そのテーブルの数に驚きです。休日は、予約で一杯とのことです。大変オシャレな料理で、感動しました。食事の合間に自己紹介タイム。食事後、「良寛の里美術館」を観て、「もてなし家」(長岡・道の駅「良寛の里」)でガンジー牛乳のソフトクリームを食べ、歓談しました。皆さまも、機会があればぜひお出かけください。次回の新潟県支部レディース会の企画に、期待しています。(校友会女性連絡協議会会長)今年も「国文科三八会」(第11回)を開催       名古屋茂郎        昭38国文 千葉平成25年11月9日(土)午後1時から、「国文科三八会」を「都田川」(東京・市ヶ谷駅下車)で開催した。 「来年は分からないよ」と言って、ガンの宣告を受けたという仲間が、昨年より元気になって帰って来てくれた。「何年ぶりかなあ」と言いながら顔を見せてくれた仲間、「腰が痛くて無理」と電話口で寂しそうに話をしていた仲間も顔を見せてくれた。そうかと思えば、出席の通知をくれながら突然急用や病気で出席を取りやめた仲間もいる。まさに我々の年代になると「明日が分からない」。亡くなった昭和の歌姫、島倉千代子さんの歌ではないけれども、「人生いろいろ」である。古希を契機に毎年開催しているこの会には出席していても、ほとんどの仲間は、かつての学び舎のある白山には足を運んだことがないと言う。それもそのはず、仲間の多くは卒業した「国文科」とは縁のない人生を過ごしてきたからである。二次会のコーヒータイムを含めても3時間余りの短時間ではあったが、自分の足で出てこられること、年に1度とは言え、かつて机を並べた仲間と会えることの幸せを感じたひとときであった。また、来年も元気で会おうと散会した。(代表幹事)東洋大学校友会中国上海支部の総会・発会式・祝賀会を挙行2013年12月14日(金)午後4時から、上海の柴金山大酒店において、校友会上海支部の第1回総会および発会式と祝賀会を盛大に挙行しました。東洋大学を卒業した上海在住の日本・中国人33名が出席、校友会本部からは会長はじめ4名が出向き、バイタリティー溢れる支部の発会を祝いました詳細は、次号5月の会報に掲載いたします。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です