東洋大学校友会報258号
9/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●2589さらなる支部の活性化を目指して徳島 高橋一嘉昭43経営徳島県支部は、毎年新年会を兼ねた恒例の「箱根駅伝応援会」から始まり、3月頃からは阿波踊り鳴り物担当の校友らが集い、8月の本番に向けて汗を流しています。また、阿波踊り愛好会の学生への踊り指導にも力を注いでおり、数回東京まで出向いて指導しています。現在では、「東洋大学連」は地元徳島において、知名度が上がり、より存在感を増しております。さらに本年8月13日には、校友会120周年を祝し、三浦敏明名誉教授による文化講演会を開催する予定です。校友大会を地方で岐阜 浅野敬文 昭45商学近年地方支部では、会員の高齢化が進み、卒業生の在住状況も把握しづらくなっています。こうした現在の状況が、支部活動停滞の一因であると思われます。眠っている会員の掘り起こしに、数年前に京都で開催し好評だった校友大会を、数年に1度のイベントとして、各地方の中核都市で開催できたらと思っています。大阪府支部の活動    大阪 猿渡直人平12国文大阪府支部は、全国最年少の支部長が運営しています。本年4月から、さらに若い支部長に変わります。大学も校友会も自ら何かを手に入れに動かなければ何も手に入りません。その気になれば一生涯の宝物を手に入れられるかもしれません。活動はHP、ブログ、facebookで逐一お知らせします。気軽に校友会のドアをノックしてください。http://toyo-osk.com/http://toyo-osk.seesaa.net/https://www.facebook.com/toyo.osk大阪府支部・創立80周年 記念誌の作成から、総会の案内、段取り、記念講演のお願い等たくさんの校友の皆さまに助けられながら、平成25年8月31日(土)、支部総会の日を迎えられました。80周年総会が開催できたことは、支部創設から今までを支えてきてくださった諸先輩方と、今回総会開催を支援してくださった皆様、当日ご多忙の中を出席してくださいました皆様のおかげだと思っております。総会当日は、千葉から今回の講演に駆け付けてくださった神作光一先生のおかげで、例年とは一味違ったアカデミックな総会となり、本当に感謝しています。また、校友会本部からは羽島知之会長がお越しになり、本部報告も早々に新聞についての深いお話を聞かせていただき、全体を通して非常に楽しい総会と第2部の懇親会を開催でき、大変感謝しております。大阪府支部は、4月から支部長が変わりさらに若返ります。今後も全国一活発であり、奇抜であり、いい意味で校友会の概念を壊していけるような活動をしていければと思っております。広島県支部・創立80周年平成25年9月1日(日)午前11時より、ホテルグランヴィア広島にて、第80回広島県支部総会を開催しました。出席者数は、会員52名、来賓3名の計55名でした。総会議事に入る前、11年間にわたり、支部発展にご尽力いただいた、石岡紀彦前支部長に記念品を贈呈しました。また、この度の総会は、広島県支部が80周年の節目の年となりますので、我が校友である、元広島東洋カープ監督の達川光男さんにお願いして、「心のキャッチボール」の演題で、約1時間の特別講演会を行いました。達川先輩周年支部の総会報告平成25年8月〜11月まで

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です