東洋大学校友会報259号
11/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25911国の支部を共通の簡易な支部HPで結び、校友相互の情報伝達システムの構築を考えてみたらどうだろう。私を含めITに疎い世代が大半であるので、事務局研修等で、専門家から指導を受け、できる支部から進めていけばいいと思う。校友会と大学の相互発展を願う紋別 北川榮一  昭42史学校友会活動の基本は、同じ大学を卒業した者同士が定期的に集まり、近況や情報を交換し合いながら親睦を深め、少しでも母校や地域社会の発展に寄与していくことにあると思います。一方、地方における支部活動の最大の悩みは、新入会員がないのに、徐々に登録会員が減少していくことにあります。このように、一部厳しい状況にはありますが、今後も校友会と大学がお互いの立場を尊重し、さらなる信頼関係を深め、相互に充実・発展していくことを切に願ってやみません。120周年を契機に山口県支部として期するもの山口 義永 勝昭49年法律山口県支部は、学祖円了先生の出身県の新潟県支部とともに、明治29年に創立された最初の支部です。これはひとえに、円了先生が全国行脚され、その教えに感銘して上京し、哲学館で学び、その後、山口県に帰ってきた先達の行動力の賜物だと思います。山口県支部では、「諸学の基礎は哲学にあり」という、日常に哲学の思想を持つことを目指し、また、若い人や女性も参加できる魅力ある支部にしたいと頑張っています。そのことが、校友会の隆盛に繋がっていくことを期待しています。厳しさが支部を育てる釧路 上口智也昭52経営校友会120周年おめでとうございます。釧路支部は、昨年60周年を迎えました。ご支援いただいた本部、道内各支部様に厚くお礼申し上げます。我が支部には、国立公園が2つもあり、広野に丹頂が舞い、夕焼けが海原を染める大自然が活動の舞台です。校友の皆さまは、涼夏、厳冬をものともせず、元気に活躍されています。来年1月には、氷都釧路市でのインカレ開催が決定しました。多くの後輩たちへ精いっぱいの応援をさせてもらいます。結びに、校友会の今後のさらなるご発展を祈念申し上げます。東洋大学校友会活動について広島 大野伸二昭60経営法東洋大学校友会創立120周年おめでとうございます。ここ最近、東洋大学の知名度は上がっているようです。2013年7月に発表された、リクルート社による関東圏での「志願したい大学」ランキングでも、第8位にランクされました。ただし、これはあくまで関東での話であって、ここ中国地方での知名度は、まだまだ低いようです。広島県支部においては、支部会員と連携を取りながら、東洋大学のブランドをさらに高めていく努力を続けていきたいと思います。支部創立80周年に向けて宮城 佐々木  章 昭35国文宮城県支部は昨年10月、支部創立70周年の記念総会を開催した。総会後の懇親会には、校友落語家・林家時藏氏が出演し総会に華を添えた。今年、本会が創立120周年を迎えるということは、宮城県支部は50年遅れでスタートしたことになる。私たちは校友会活動の原点に立ち返り、より親睦を深める意味において会員の拡大、とりわけ遅れている女性部会の立ち上げに全力を尽くし、支部創立80周年に向けて新たなスタートを切ります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です