東洋大学校友会報259号
23/36

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●25923OPEN SPACE オープン スペーススにて、浅草観音・仲見世、隅田川下り(乗船)をしました。その後、銀ブラ、昼食、買い物をして、なお一層の親睦を深め、次回の同窓会を楽しみに、午後3時に解散しました。大人の遠足 Vol.4 「神楽坂散策とランチを楽しむ会」        京田明子昭57応用社会 城西支部の〝大人の遠足〟も4回目。今回は「粋な大人の街・神楽坂の散策とランチを楽しむ会」を新宿・世田谷両地区会との共催で開催しました。 初冬の昨年11月30日(土)、近隣支部からも多数ご参加いただき、また新潟県支部や奈良・群馬など遠方の方々も参加してくださり37名が飯田橋駅前に集合。江戸城の名残を残す牛込橋から3班に分かれて出発しました。神楽坂は、もとは幕府旗本の屋敷町。現在でも江戸時代からの地割りがほとんど変わっていないという貴重な都市空間です(東京メトロの構内に当時の地図が展示されています)。 ガイドさんの案内で本田横丁や芸者新道・かくれんぼ横丁など石畳と黒塀が残る風情のある路地をそぞろ歩き、「毘沙門さま」の名で親しまれる善國寺や赤城神社をお参りした後、スペイン料理の「ぷらてーろ」で親睦会。 ここは、以前芸者さん達の踊りの稽古場だった日本家屋を改装したもので、昔懐かしい引き戸の玄関を開けると中はレストランという、これぞ神楽坂!なお店です。ボジョレーやサングリアで賑やかに盛り上がり、楽しい交流の場となりました。無事にイベントを終えることができ、ご協力にお礼申し上げます。 またまた楽しい企画でお会いしましょう!(城西支部 レディース担当)第3回 日旅白山会を開催        矢嶋敏朗平24院修国際観光 城西 (株)日本旅行の東洋大学(短大を含む)卒業生で組織する「日旅白山会」(36名)が、平成25年12月7日(土)に開催されました。 懇談会では、日旅白山会のメンバー9名が旅行業を希望する国際観光学科3年生23名に、各人の経験に基づき営業、店頭(窓口)、国内外旅行商品企画、在外支店、仕入れ、管理業務などについて説明を行いました。新入社員からは修学旅行の受注、4年生の内定者からは就職活動の内容なども話してもらいました。 参加した学生にとって、年齢が近い4年生や新入社員の話に「数年後の自分の姿」をイメージすることができ、理解度もさらに深まったようです。 学生からは数多くの質問があり、2時間の予定が1時間超過するほどの盛り上がりようでした。 懇談会終了後は、白山の居酒屋でメンバー9名と国際観光学科の先生も交えて懇親会を行いました。 今後は、旅行業をはじめ、旅行関連産業で働くことを希望する後輩の夢の実現や産学連携推進による社会貢献のために、「懇談会」を含め活動を拡大していこうと考えています。元同僚藤野文雄に捧げる言葉        郡山 直東洋大学名誉教授ある高等学校の校長が僕に『H教頭に出会えたことは僕の人生の最大の幸運だった』と言ったことがあるこの言葉を聞いてH教頭はよほど校長に信頼されているのだな、と僕は深く感動したそして今、君を失って、君の事を偲

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です