東洋大学校友会報260号
16/32

16TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 260軽井沢佐久東信北信北八ヶ岳ロープウェイ山ノ内町志賀高原の食彩“ケンミンの食彩” in 長野に寄せて長野県は、南北に約230kmの距離があり、北信(長野市が中心)、東信(上田市・佐久市が中心)、中信(松本市が中心)、南信(諏訪湖圏・伊那市・飯田市が中心)の4ブロックに分かれて、支部運営を行っています。信州は、食材には事欠かないところです。校友の自慢の食彩を紹介させていただきます。信州にお越しの際は、ぜひ、ご利用ください。支部長 中村 平(昭42経営)〒399-0737 塩尻市大門八番町4-19 TEL:090-2208-4839 信州渋温泉の純和風旅館創業は明治末。大正時代に宿を建替え、その木造3階建ての建物で現在に至っています。源泉かけ流しの天然温泉で、客室は9室と小さな宿です。料理は、信州産の素材を中心に手づくり料理を提供しており、名物は「蛇紋岩 石焼料理」。オリジナルで製作した”蛇紋岩 石焼プレート”は、遠赤外線効果により、お肉の旨みを引き出しジューシーに。りんごで育った信州牛を、クマ笹入りの塩、お好みで山葵醤油やポン酢で召し上がれば、旨みが口いっぱいに広がり、クセになる美味しさです。肉だけでなく野菜も主役になる「蛇紋岩 石焼料理」、ぜひご賞味ください。いかり屋旅館若女将 片桐由香子(平9情報工)〒381-0401 下高井郡山ノ内町渋温泉TEL:0269-33-3168  http://ikariya2197.jimdo.com/ソースかつ丼と石臼挽きそばの店善光寺仲見世通りの中ほどにあるそば屋です。善光寺向かい仲見世通り中央にある延命地蔵さんから北に7歩から10歩くらいのところにあり、土産物店にかくれるような小さな店です。名物は、手打ちそばとソースかつ丼のセットの丸清弁当で、地元の人や全国から善光寺参りに来られる方々にごひいきにしてもらっており、3回目だ、5回目だと言ってくださるお客様も多く、とても嬉しく思っています。お陰様で、善光寺の各種行事や儀式、正月行事のそばの奉納もさせていただいています。自慢の手打ちそばもさることながら、先代から受け継いできたソースかつ丼は、お客様の紹介で何度もテレビや雑誌に取り上げていただいております。丸清店主 松澤孝憲(昭56経済)〒380-0851 長野市元善町486 TEL:026-232-5776 営業時間:11:00~18:00 定休日:水曜日地産地消で“県民食”に挑戦地産地消に徹して、料理職人が手塩にかけた料理を温泉旅館業を通じて、お客さまに提供しています。おすすめのメイン料理は、「りんご三兄弟 信州産牛肉すき焼き」。霜降り蓼科牛を信州りんごの割下で目の前で煮込みます。りんごの甘味だけで砂糖は一切入っていないので、とってもヘルシーです。前菜の一つに、自家農園で栽培している上田みどり大根(ステック)の信州味噌添えがあり、お酒のおつまみに最高です。食後のデザートには、1年中提供しているアップルスノーを。上松屋では、自家農園で「フルーツホウヅキ」「ターサイ」「一本葱」「ケンゴイモ」「上田みどり大根」「ミニトマト」など20数種類の野菜を1年中作っています。近い将来、県民食として広がっていくことを願って、毎日旅館料理で挑戦しています。信州の味覚をぜひ、堪能してみてください。信州 別所温泉 上松屋旅館代表取締役社長 倉沢 章(昭48経営)〒386-1431 上田市別所温泉1628TEL:0268-38-2300 FAX:0268-38-8501 http://www.uematsuya.com/

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です