東洋大学校友会報261号
5/28

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●2615平成26年9月6日(土)午後1時から、東洋大学甫水会館4階会議室を会場に「支部長会議」を開催しました。出席者は、各支部の支部長と本部役員等を合わせて77名でした。5月24日(土)の代議員会では、平成27年度以降の準会員費の大学による代理徴収取り止めの通知を受けて、最重要議案として、「校友会の短・中期経営計画(案)」と、上記に関わる「規則(改正案)」について協議を行い、これらが承認されました。今回の支部長会議は、代議員会終了後、各支部において個々の事業の抜本的な見直しに取り組むなかで、出てきた問題や質問等について意見交換をする場として開催しました。会議では、「平成26年度予算について(本部予算・支部予算)」、「今後の校友会運営および大学との交渉について」の二つを議案として討議しました。予算に関しては、支部活動に大きな影響の出る改正が行われることになったものの、各支部とも概ね現実に即した冷静な対応をしようという姿勢が感じられました。今後の校友会運営および大学との交渉については、校友会が解決すべき重要案件=大学との意見交換が必要な問題と、今後の新たな事業展開の可能性について説明を行いました。この件に関しても、支部長からは、さまざまな意見が出されましたが、基本的には、校友会執行部が、今後、大学との関係改善に鋭意努力していくものとし、歴史ある校友会を次世代につなげていくことを確認して会議を終了しました。東洋大学校友会 支部長会議を開催第2回「全国女性の集い」日時 平成26年5月25日(日)  12時10分〜15時30分場所 東洋大学白山スカイホール参加者 62名(36支部)案件 1 規約案について  2 事業計画案について  3 その他講演会 福田千恵さん(日展理事)    「生活の中の色彩」懇親会 各支部の支部長も加わり、相互の懇親を深めました当日、午前中に開催された第3回女性連絡協議会総会における審議結果を受け、同日の午後から開催された「全国女性の集い」の場で、「女性連絡会」の発足についての報告がありました。今後は、従来の「女性連絡協議会」に代わり、「女性連絡会」という名称のもと、本格的に全国的活動を展開することになります。これまで、「女性連絡協議会」は関東12支部を中心に展開してきましたが、今後は大所帯になり、方向性・目的なども問われることになります。やっと繋がった全国の輪が絶えることがないようにすることが最大の課題だと思っています。基本的に、女性の参加しやすい場の提供を考える努力は当然であり、女性の発想による支部活動などの活性化を強く望んでいます。女性が1人だけの支部であっても、どうぞ彼女の意見に耳を傾けてください。何か今までと違うことができるかもしれません。手探りの状況は変わりませんが、より多くの協力が得られると確信しております。より楽しく、より有意義な時間を過ごせる場になるように、さらに努力していきたいと思っています。(女性連絡会会長 南方真理)全国女性の集い全国的組織として、「女性連絡会」が発足

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です