東洋大学校友会報262号
21/28

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●26221私たちローバースカウト部には、現在男子12名、女子4名が所属しています。1957年に創部し、約400名のOB・OGが全国各地で活躍する伝統ある部です。また、一部体育会に所属するとともに、日本ボーイスカウト東京連盟文京第2団として活動しています。ローバースカウトと聞いて知らない人も多いでしょう。ローバースカウトとは、全世界において展開されているボーイスカウト運動の一部門で、18歳以上の青年で構成されています。スカウトとは、「先駆者」のことで、ボーイスカウトは「自ら率先して幸福な人生を切り開き、社会の発展の先頭に立とうとする少年」という意味を持っています。主な活動は、キャンプや登山、サイクリング、マリンスポーツ等多種多様な野外(アウトドア)活動および東日本大震災被災地支援や文京区を中心とした地域イベントの運営支援等の奉仕(ボランティア)活動です。今年度メインプログラムとして沖縄県座間味島において、無人島生活やシーカヤック、シュノーケリング訓練等を行いました。毎年、全国各地を活動の場としており、皆様にお会いすることもあると思います。その節は、お気軽にお声をおかけいただければ幸いです。左記HPに、活動内容を掲載しています。ぜひご覧ください。ローバースカウト部HPhttp://toyors-bun2.jimdo.com一部体育会 ローバースカウト部 主務 鈴木杜映(経営学科3年)私たちローラースケート部は、男子10名、女子5名の計15名で活動しています。現在は部員が少ないため、男子チーム、女子チーム合同で楽しく、そして真剣に活動しています。私たちは、四輪のローラースケートを履いて行うローラーホッケーというスポーツを行っています。ルールにはホッケー的な要素もありますが、ゲーム内容・ゲーム展開はサッカー(特にフットサル)とバスケットボールを組み合わせたような内容です。フィールドに立てるのは5人で、ゴールキーパー1人、フィールドプレーヤー4人で試合は行われます。鮮やかなパスワーク、ドリブル、スティックワークやフェイント、迫力のあるシュート、スピード感のある試合展開で観るのもやるのも楽しいです。興味のある方は、ぜひ一度体験にきてみてください。年中いつでもお待ちしています!私たちの部から日本代表選手も数多く輩出されており、アジアへの遠征や世界大会のメンバーにも部員が選出されています。しかし、近年チームとして中々結果が出せないでいるのが現状ですので、〝自分たちの短所を改善し、長所を伸ばす〟ということを念頭に置き、日々の一つ一つの練習を無駄にせず全力で取り組み、学生の大会で一番規模の大きい全日本学生選手権大会(インカレ)での男女アベック優勝を目指し、日々練習に励んでいます。 一部体育会 ローラースケート部 主将 須田 彰(生活支援学科3年)部活動めぐり

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です