東洋大学校友会報 No.263
14/24

14TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 263明治天皇が定めた東京十社のひとつとして親しまれてきた白山神社。「白山」という地名の由来にもなっています。毎年6月には文京花の五大まつりのひとつ、「あじさいまつり」が開催されます。梅雨の時期には境内や隣接している白山公園で、3000株のあじさいを楽しむことができます。期間中は週末を中心にイベントも開催。白山神社は歯痛止め信仰でも知られているため、歯ブラシ供養も行われます昭和62年(1987年)、東洋大学の創立100周年記念事業のひとつとして境内の一隅に「東洋大学発祥之地」の碑が建立されました住宅街の中で静かな存在感を放ち、近隣の住民の方も多く訪れます大きな鳥居をくぐり、境内を右手に進むと白山キャンパスにたどり着きます白はく山さん神じん社じゃ春日局の菩提寺として知られる麟祥院。明治20(1887)年、井上円了は麟祥院内の建物を借りて教場とし、東洋大学の前身である「哲学館」を創立しました。麟りん 祥しょう 院いん白山キャンパス住所:東京都文京区湯島4-1-8住所:東京都文京区白山5-31-26その1

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です