東洋大学校友会報 No.263
19/24

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●26319  私たち東洋大学二部体育会卓球部は、男子11名、女子1名の総勢12名で週3回、白山キャンパスメインアリーナにて活動を行っております。 日ごろは、学業に励むことはもちろんのこと、部員の経済状況や一部、二部両方の学生が混合して活動を行っているため、多くの練習時間は確保できてはいない状況ですが、各自が課題を明確にし、かつ長期休暇期間に集中して練習を行うなど、創意工夫することによって、実力を向上させるために精進しています。こうした練習の成果により、昨年の3月に行われた関東学生二部卓球選手権個人戦では、優勝・馬場(文・人発4年)、3位・桑原(法・企業法昨年度卒)の成績を収めることができました。しかし、一方で11月に行われた同団体戦では、優勝チームに敗北したとはいえ、ベスト8に終わり、非常に悔しい結果となってしまいました。現在は、チームとして、個人戦2連覇、団体戦優勝を目標に、いっそう練習に励んでおります。新入部員は、一部、二部、初心者、経験者問わず随時募集していますので、興味がある方は、左記アドレスまでご連絡ください。また、マネージャーも募集しています。一緒に卓球を楽しみましょう。HPhttp://nibutaku.webnode.jp/二部体育会  卓球部 主将 冨吉宏和(法律学科3年)私たちヨット部は、現在男子10名、女子1名、マネージャー2名の計13名で活動しています。近年は少人数での活動が続いていましたが、昨年度、入部者が増加し活気が出てきました。さらに今年度、50周年を迎えるため、OBの方々からも、より一層手厚い支援をしていただき、部の盛り上がりに拍車がかかっております。現在私たちは、春と秋に行われる関東学生ヨット選手権大会等の大会に向けて練習を行っています。練習は主に神奈川県の江ノ島で土・日に行い、長期休暇の際には島内の合宿所で合宿も行っています。ヨットとは、帆に風を受けて走る船です。私達はそれに乗り、レースをしています。風や波を考えつつ乗るという、まさに自然を相手としているスポーツです。こう言うと、ヨットは難しいもので、初心者には手が出しにくいように感じられるかもしれませんが、現在の部員は全員大学からヨットを始めました。他の大学の部員でも、大学から始めた人がほとんどです。なので、同じスタートラインから始められ、大会で上位に入ることも可能です。さらに、大学から新しいことを始めたい人にはうってつけのスポーツであるとも言えます。興味のある方、海が好きな方、大学に入って新しいことを始めたいという方は、ぜひ見学にいらしてください。一緒に海に出ることのできる日を心待ちにしています。一部体育会 ヨット部 主将 榛葉崇太(メディアコミュニケーション学科4年)部活動めぐり

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です