東洋大学校友会報 No.263
20/24

20TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 263スピード部門1月6日(火)~9日(金) 釧路市柳町スピードスケート場チームワークでつかんだ総合4位来季はさらなる活躍に期待!男子総合4位 東洋大ホッケー部門1月9日(金)日本製紙アイスアリーナ埋められなかった1点差インカレは準優勝で幕を閉じる決勝戦 東洋大2―3明大 6年ぶりの優勝のため挑んだ決勝戦。相手は秋季リーグ最終戦で敗れた明大だ。1点差で3ピリに持ち込み、6人攻撃で攻め込む。しかし、王者の堅守を崩すことはできず無念の試合終了となった。6年ぶりのインカレ優勝には1歩届かず、準優勝で激闘の今大会を終えた。2月1日(日) 佐野市運動公園陸上競技場  佐野市周回コース 7区間42・195㎞原点回帰で再び強い鉄紺集団へ新チーム始動一般男子の部 総合1位 東洋大A 2・05・41 ※大会新 総合2位 東洋大B ※大会新 総合3位 東洋大C 3位に終わった箱根駅伝から1か月。新体制が始動した。箱根の結果を受け選手層構築の必要性を再確認した鉄紺集団は、原点回帰として主力選手だけでなく多くの選手が台頭し戦力となる強いチームの姿を目指していく。 学年ごとの3チーム編成で出場した今大会では、箱根エントリーメンバー5人を擁した3年生中心のAチームが2位以下を2分以上突き放して優勝。さらには7区間すべてで東洋大勢が区間賞を獲得した。学生が作るスポーツ席スポ東(東洋大学スポーツ新聞編集部)佐野市制10周年記念第65回大澤駅伝競走大会第87回日本学生氷上競技選手権大会TOYOUNIVERSITYCAMPUSNEWS学校法人東洋大学が引き続き「AA」/「安定的」の格付を取得 平成27年1月14日に、学校法人東洋大学は、株式会社日本格付研究所(JCR)より、7年間連続で長期発行体格付の「AA」(ダブルAフラット)の格付を取得し、また格付の見通しは「安定的」とされました。 「AA」は、21段階ある格付の上から3番目であり、債務履行の確実性が非常に高いとされているもので、格付事由として、(1)私学有数の志願者数を確保し安定した学生数を維持するなか、人件費や教育研究費などは適切に管理されており、収支構造には比較的余裕があること、(2)今後も積極的な投資が続くが、引当特定資産とキャッシュフローにより対応可能による堅固な財政基盤の維持が可能なこと、(3)都心キャンパスでの質の高い教育の提供が、長期的に見て競争力に資する可能性が高い、などが挙げられています。第28回「東洋大学現代学生百人一首」入選作品集が完成 東洋大学が全国の学生から「現代学生のものの見方・生活感覚」を詠み込んだ短歌を募集するコンテスト「東洋大学現代学生百人一首」。28年目を迎えた今回は、全国の小・中・高校・大学、各種専門学校などから5万4850首の応募がありました。その中から入選作品を収録した冊子が完成しました。冊子をご希望の方は、住所・氏名・電話番号・希望冊数を明記し、切手を同封の上、左記までお送りください。※送料(切手代)負担額 1冊 140円 2~3冊 250円 4~6冊 400円 7~12冊 600円 12冊以上  宅配便(着払い)〔宛先〕〒112‒8606 東京都文京区白山5―28―20  東洋大学広報課  「現代学生百人一首」冊子希望係 イスースアケト編陸競編上技

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です