東洋大学校友会報 No.263
21/24

TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION●26321日時 平成27年1月17日(土) 13時~場所 東洋大学白山スカイホール参加者 58名協力 ハリウッドコスメテックカレッジ校長・ユーコ牛山先生、岡崎由加里美容教育部長ほかスタッフ6名次第 開会挨拶 黙祷 会長挨拶 スタッフ紹介 教室開始 1月17日(土)、校友会女性連絡会主催による「メイクアップ教室」を開催しました。昨年5月に、従来の「女性連絡協議会」に代わり全国的組織として発足した「女性連絡会」の活動の一つで、「メイクアップ教室」は、初めての試みとなりました。 テーブルごとについてくださったスタッフの先生の丁寧な説明と指導に、参加者は手馴れたはずのメイクにも多少緊張気味のようでした。メイクが終わった後には、参加者全員が輝く顔になっていました。たくさんのお土産もいただき、楽しいひと時を過ごして、無事に終了することができました。 参加者の皆さま、ご指導くださったスタッフの先生方、お手伝いをいただいた会員の方々、ありがとうございました。 なお、教室終了後に、早速、東京・六本木にある店舗に商品を求めに行かれた方もおり、店頭で美容部員の方から親切なアドバイスをいただけたようです。 (女性連絡会会長 南方真理)校友会女性連絡会 「メイクアップ教室」を開催平成27年度 校友会寄附講座(春学期) 本講座は、平成15年度から学祖井上円了の建学の精神を学ぶために、校友会と大学が協力して文学部が開講している寄附講座です。 東洋大学の建学の精神と歴史を知りたい校友の方々の聴講も大歓迎です。■テーマ  「日本の近代化と東洋大学―井上円了の哲学と実践」■開講時間 土曜日5限目(16:30―18:00)      対象:1部・2部の全学生■教室   白山キャンパス 6307(6号館3階)◆問い合せ 東洋大学校友会事務局(℡03・3946・9111)秋学期の講義内容は、次号でお知らせします。・渡辺章悟114/井上円了は何を目指し、何を実現しようとしたか ―その生涯と実践(開講の挨拶)・相楽 勉184/日本の近代社会の開幕と啓蒙思想 ―啓蒙思想家としての円了 ・佐藤 厚254/明治初期の宗教界の動向 ―廃仏毀釈と信教の自由 ・佐藤 厚25/明治の青春群像と井上円了  ―円了をめぐる近代思想家・三浦節夫95/哲学館の三恩人 ―勝海舟・加藤弘之・寺田福寿 ・岩井昌悟165/日本をどう考えるのか ―井上円了の忠と孝 ・島田茂樹235/迷信より哲学へ(1) ―近代合理主義と妖怪学入門 ・渡辺章悟305/井上円了が受けたカルチャーショック  ―円了は海外で何を見、何を考えたのか・沼田一郎66/井上円了の外道哲学 ―日本のインド哲学の曙 ・岩井昌悟136/井上円了の教育と仏教 ―教育は勅語に基づき、宗教は仏教を取る・朝倉輝一206/井上円了が語る庶民の道徳とは・関 直規 276/私学の役割と目的 ―人間教育の担い手・島田茂樹47/迷信より哲学へ(2) ―元祖妖怪博士の妖怪学のススメ ・橋本泰元117/哲学館初期のカリキュラムの特色  ―哲学を如何に教育するのか・渡辺章悟247/ 春学期のまとめと通常試験※7月24日(試験日)は、金曜日となります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です