東洋大学校友会報 No.264
4/24

4TOYO UNIVERSITY ALUMNI ASSOCIATION ● 264 平成27年度の支部長会を左記のとおり開催しました(※昨年度代議員会における会則改正により、従来の代議員会機能は、平成27年度から支部長会に移管)。開催日・会場 平成27年5月23日(土)午後1時 白山校舎2号館白山スカイホール 出席者 78名:支部長(含・代理)60名、会長・副会長4名、ほかに常任委員・監事・顧問計14名。 ※議事に入る前に、羽島知之校友会長が挨拶、続いて来賓の神林新学校法人東洋大学常任理事(理事長代理)と村田薫東洋大学甫水会長からご祝辞をいただきました。議事◎議長 浅窪壮一(副会長) 副議長 涌井国夫(札幌支部長)◎議案・第1号議案 平成26年度会務報告について・第2号議案 平成26年度決算報告について 監査報告※第1、2号議案につき一括承認・第3号議案 平成27年度事業計画(案)について・第4号議案 平成27年度予算(案)について※第3、4号議案につき一括承認・第5号議案 校友会選挙管理委員会委員の任期について…承認◎報告事項・校友会のあり方に関する大学(法人)との話し合いの経過報告について……了承・次期代議員の定数について……了承・『校友会ガイドブック』の活用について……了承◎平成27年度事業計画について基本方針東洋大学校友会は、昨年、創立120周年を迎え、全国から1100名を超す校友会員、大学関係者、甫水会関係者等の参加を得て、盛大に記念式典・祝賀会を挙行することができました。今後も、長い歴史と伝統を持つ校友会のさらなる発展のため、会員相互の親睦・交流を図り、大学の興隆・発展に寄与するという本会の目的を達成するために活動します。平成26年度の代議員会では、本年度からの大学(法人)による準会員費代理徴収取り止めの通知を受けて、「校友会 短・中期事業計画」を立案し、その承認を得ました。本年度は、その事業計画に沿って、「会費を納めても参加したい校友会活動」「大学あっての校友会」をモットーに着実に事業を推し進めていくとともに、大学(法人)との意見交換を踏まえて、校友会の今後のあり方について話し合いを継続するものとします。○事業計画概要Ⅰ 本部事業・校友会運営を円滑に推進していくため、平成26年度の代議員会で全般的な見直しを行った校友会諸規定にもとづいて会務を行う。・支部長会は、会務報告、決算報告、事業計画、予算および校友会運営にとっての重要事項について審議・決定する。本年度は、5月23日(土)に白山校舎2号館白山スカイホールで開催する。会終了後、会費制の親睦交流会を行う。・校友大会は、全国の校友が一堂に会し、会務報告とともに会員の親睦および懇親を図るため本部主催で企画する。本年度から会費制によるものとし、5月24日(日)に白山校舎8号館地下1階で開催する。・情報化を促進するため、ホームペー支部長会を開催平成27年度東洋大学校友会羽島校友会長村田 甫水会長神林常任理事

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です