校友会について

歴代校友会長

大正6年11月12日開催の「出身者大会」において、正式名称を「東洋大学校友会」とし、「校友会規則」が制定、委員長(16代目から会長に改め)他の役員が選出された。よって、この時を第1代とする。
なお、17代から20代までは大学の学長が兼任した。

初代・2代 大正6年12月~ 五十嵐 光龍 明23哲学館
3代 大正12年7月~ 神崎 一作 明25哲学館
4・5代 大正13年7月~ 高嶋 米峰 明29教育部
6代 大正15年7月~ 神崎 一作 明25哲学館
7・8代 昭和4年7月~ 都河 龍 明36教育部
9代 昭和6年7月~ 藤田 祐慶 大14得業
10・11代 昭和7年4月~ 安藤 正純 明36得業
12・13代 昭和12年4月~ 近藤 寿治 明41大一
14代 昭和17年7月~ 加藤 精神 明24哲学館
15代 昭和18年2月~ 岡村 二一 大15専文化
16代 昭和18年9月~ 高嶋 米峰 明29教育部
17代 昭和19年11月~ 高島 平三郎 明36得業
18代 昭和20年8月~ 橋本 増吉 明37得業
(代理) 昭和21年5月~ 杉本 哲夫 大10支那哲
19代 昭和21年9月~ 藤原 猶雪  
20代 昭和22年8月~ 加藤 精神 明24哲学館
21代 昭和31年12月~ 尾張 真之介 明45専二
22代 昭和33年12月~ 尾張 真之介 明45専二
23代 昭和35年12月~ 尾張 真之介 明45専二
24代 昭和37年12月~ 尾張 真之介 明45専二
25代 昭和39年12月~ 尾張 真之介 明45専二
26代 昭和42年12月~ 尾張 真之介 明45専二
(代行) 昭和45年5月~ 真溪 義貫 昭5専社事
27代 昭和46年1月~ 岡村 二一 大15専文化
(代行) 昭和48年9月~ 真溪 義貫 昭5専社事
28代 昭和49年1月~ 勝 承夫 大13専文化
29代 昭和52年2月~ 青木 平三郎 昭6専東文
30代 昭和55年2月~ 青木 平三郎 昭6専東文
31代 昭和58年1月~ 金子 光瑩 昭11仏教
32代 昭和61年1月~ 石田 幸男 昭10専倫東
33代 平成1年5月~ 浅川 行雄 昭29国文
(代行) 平成2年7月~ 望月 武夫 昭28経済
34代 平成3年5月~ 岡本 巧 昭6専倫東
35代 平成4年5月~ 岡本 巧 昭6専倫東
(代行) 平成5年9月~ 鹿島 幾太郎 昭20専国漢
36代 平成6年5月~ 藤井 潔 昭20専国漢
37代 平成7年5月~ 藤井 潔 昭20専国漢
38代 平成10年5月~ 藤井 潔 昭20専国漢
39代 平成13年5月~ 菅沼 晃 昭37院博仏教
40代 平成16年5月~ 菅沼 晃 昭37院博仏教
41代 平成19年5月~ 菅沼 晃 昭37院博仏教
42代 平成19年5月~ 福島 良一 昭40経営
(代行) 平成24年2月~ 安藤 経世 昭30経済
43代 平成24年5月~ 羽島 知之 昭35経済
44代 平成25年5月~ 羽島 知之 昭35経済
45代 平成28年5月~ 羽島 知之 昭35経済
46代 令和元年5月~ 神田 雄一 昭59院博後機械
校友会について